第1回
ディレクター
HORIUCHI

第2回
イベントテキスト
YOSHITANI

第3回
ゲームデザイン
ISHIKAWA

第4回
ゲームデザイン
MAENO

第5回
ゲームデザイン
IZAWA

第6回
アートディレクター
AIDA

第7回
リード3Dアーティスト
WASEDA
3Dアーティスト
YAMAMOTO

第8回
3Dアーティスト
SANAO

第9回
アニメーター
UMEDA

第11回
アニメーター
OKAMOTO

第12回
アニメーター
MATSUMOTO

第13回
アニメーター
IMADA

第14回
プログラマー
ODA
MURAOKA

第15回
プログラマー
MATSUMOTO
おわりのご挨拶
HORIUCHI

ゴショ?

第10回 担当:アニメーター TOKUMASU

はじめまして、『ロストレグナム〜魔窟の皇帝〜』では主にモンスターのアニメーション を担当しました TOKUMASU です。
娯匠と言えば、これまではリアルな人間がメインとなるゲームに携わる事が多かった のですが、今作では娯匠初(?)のモンスターが出てくるゲームとなりました。 初めての娯匠産モンスターがどのようにユーザーの方々に受け止められているのか、 気になるところです。
ゲーム中には様々なモンスターが登場します。 犬やコウモリといった現実にもいるもの、ゾンビやミノタウロスなどファンタジーではお馴染みのもの、 そして本作ならではの新しいタイプのモンスターもいます。
そんなモンスターたちのアニメーションを作成するにあたって、自分の中で決めた今回の課題は 「架空の生物をいかに活き活きと見せられるか」ということでした。


現実に近い形をしていて想像しやすいものもいれば、羽毛の生えたトカゲ、三つ首の竜といった、 今まで発売されたゲームではあまり見た事のないモンスターが多く、 「どんな動きで、どんな攻撃をするのか?」ということをゼロから想像して作らなければなら いという点で、特に苦労しました。
プラス、モンスターの産みの親(デザイナーさん)のダメ出しにも苦労しました…。 せっかくのかっこいいモンスター達も、僕等アニメーション担当ががんばらなければ台無しというものです。 そこは娯匠らしくあーだこーだと言いながら進めていきました。 その結果は良いものに仕上がったのではないかと思います。
自分の中でもモンスターのアニメーションが中心という仕事は初めての経験だったので、 製作期間中は非常に楽しく仕事が出来たと思っています。 苦労するのも楽しみの一つです。ホントです。

そんなこんなで動き出したモンスターですが、ゲーム中ではワラワラと寄ってきては バッタバッタと倒されていくものが大半です。 たまには足を止めて、モンスターたちの挙動に温かい目を向けていただければ、倒されるために 生まれて来た彼らも喜んでくれるのではないでしょうか。
もちろん、その姿を堪能した後はバッサバッサと倒してもらって、引き続きダンジョン 生活を楽しんでいただければと思います。
ページのはじめに戻る